読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐女道中記

アラサーで独身で腐女子オタクなとげ子のブログ                 日々を楽に楽しく生きる為に模索中

kindle Unlimitedで面白かったBL小説

auブックパスの無料期間終了後に、 kindle Unlimitedの無料体験で読んだBL小説で面白かった小説を紹介します。

kindle Unlimitedは本は同時に10冊まで利用でき、利用中の本の利用を終了することで、他の本を利用することができるっていう使い方で、これが割と面倒だなって思いました。入れ替えするのが面倒。読み放題なんだから、無制限にしちゃえばいいのに…。

 

キーワードはキュウリ『忠犬秘書は敵に飼われる』

忠犬秘書は敵に飼われる (ラルーナ文庫) Amazon

社長のキュウリ嫌いの理由には笑いました。過去のトラウマから恋人はつくらず、ホストを自宅に呼んで遊ぶちょっと淫乱な社長と、前科持ちの過去を持つ敵秘書。互いに敵だけど、憎みきれてないところがかわいいなと思いました。ストレスなく読める作品でした。

 

傷と憎しみが歪に絡まる『恋のはけ口』

恋のはけ口

恋のはけ口

 

 虐めの被害者と加害者がある出来事から立場が逆転する。殺したいくらい憎んでいて、離れても忘れられない。そんな二人の歪な愛憎みたいなのが良かったです。共通のアイドルの存在が心の支えである描写が、私もそういう経験があったので共感できました。二人のその後が気になるところ。

 

憧れの兄との三角関係『棘の檻』

棘の檻 (ラヴァーズ文庫) Amazon

表紙でわかりますが、3Pあり。最初はダッチワイフ並みの扱いで胸が痛むシーンもあるのですが、最後はハッピーエンド。受が優しすぎるくらいいい子で素直、どんな仕打ちを受けても結構ずぶとくて芯があるので好きですね。そんな受けと接する内に、鬼畜で遊びで体を重ねているだけだった攻めの行動が、執着と愛情に変わっていくのが良かった。

 

生まれながらに持った宿命に抗って貫く純愛『薔薇の宿命シリーズ』

砕け散る薔薇の宿命 薔薇の宿命シリーズ (ラヴァーズ文庫) Amazon

乱れ咲く薔薇の宿命 薔薇の宿命シリーズ (ラヴァーズ文庫) Amazon

乱れ咲く薔薇の宿命 薔薇の宿命シリーズ (ラヴァーズ文庫) Amazon

咲き誇る薔薇の宿命 薔薇の宿命シリーズ (ラヴァーズ文庫) Amazon

慈愛の翼 紫眼の豹と漆黒の鳥 薔薇の宿命シリーズ (ラヴァーズ文庫) Amazon

蜜毒の罠 薔薇の王と危険な恋人 薔薇の宿命シリーズ (ラヴァーズ文庫) Amazon

 吸血鬼ものがBL関係なく好きな私としては、すごく良い作品でした。吸血鬼ものって作家さんによって設定がだいぶ変わるので、この設定はとっても私好みでした。それぞれが生まれ持った宿命が残酷に絡まって起こる悲劇とその中にも確かにある貫かれる愛が素敵。あまりに残酷過ぎて胸が痛む場面が多々あるけれど、その分、救われるラストなので良かった。

 

ibaranotoge.hatenadiary.jp